看護師資格を病院以外で活かす方法はある?人気の職場「検診センター」と「ツアーナース」をご紹介

看護師資格が使える場所は、病院以外にもあることををご存知でしょうか?

看護師資格は今や様々な場所で活かすことができるので、様々な職場環境で働くことができます。

今回は「検診センター」と「ツアーナース」について取り上げたいと思います。

検診センターで検査要員

検診センターでの看護師の役割は、検査をすることです。

問診、身体計測(身長、体重、腹囲)血圧測定、採血、心電図、内視鏡検査など様々です。

検診センターは予約制なので、1日に検査する人数が決まっています。

ですので、夜勤や残業がほとんどなく、定時に終わることができます。

また、基本的に自分で歩ける健康な人を対象にしているので、病院のような突然の急変対応もありません。

慌ただしい忙しさもないので、ギズギズした人間関係に悩まされることもないのです。

デメリットをあげるとしたら、採血が苦手な方は大変かもしれません。

採血の係になれば、1日何人もの採血をするので、得意な人が向いていると思います。

実際に検診センターは、採血のクレーム(何回も針を刺された、青くなったなど)が1番多いです。

職場によっては、センター内で働くだけでなく、会社に訪問したりバスで巡回、公民館で行う検診にも参加します。

旅行に同行するツアーナース

ツアーナースとは、団体旅行(キャンプや合宿)に一緒に同行して、体調管理や急病人の処置、必要時に病院への付き添いなどをします。

観光中や運動中に急病人が出ると、迅速に対応しなければならないので、臨機応変に動ける臨床経験のある看護師でなければ難しい仕事になります。

そのため、応募資格に「臨床経験◯年以上」と記載されていることがあります。

さらに、旅行に参加する人々のアレルギーや持病の有無、救護カバンの管理、観光地の救急病院の確認など、事前調査や準備も入念に行います。

とはいえ、毎回病人が出るわけではないので、何もない時は旅行を楽しむこともできます。

旅行が好きだったり、人とのふれあいが得意な看護師にオススメです。

慣れない場所で起きるトラブルに対応するための頼もしい存在になるわけですから、多くの人に喜ばれる仕事でしょう。

おわりに

検診センターやツアーナースはいかがだったでしょうか?

看護師の資格が活かせる場所は様々で、必ずしも病院だけでないとなるとやってみたくなりませんか?

今回ご紹介した2つはどちらも人気のある求人ですので、気になったらすぐにチェックしてみてくださいね!


2018年12月11日