今人気のフライトナースになるにはどんな資格が必要?救急看護師までの道のりをご紹介!

いま「フライトナース」はドラマや映画で取り上げられ、とても注目されていますね!

フライトナースというのは、医療用ヘリコプター「ドクターヘリ」に乗って働く看護師のことです。

テキパキと仕事をこなし、人の命を救う姿はカッコいいですし、とてもやりがいがありそうですよね。

ではいったいフライトナースになるまでにはどの様な道をたどれば良いのでしょうか?

まずは看護師としての経験を積む

まず基本として、看護師の国家資格が必須になります。

そして、フライトナースに求められている条件の1つに

「看護師の経験が5年以上と救急看護師として働いて3年以上たっていること。」

が含まれますので、ドクターヘリを保有する病院の救急で看護師として勤務する必要があります。

つまり、一般の病院で働いているだけでは、フライトナースになることはできません。

そして、フライトナースは限られた時間の中で、少しの情報からアセスメントして、迅速で的確な判断をして治療に当たらなければなりませんので、救急での経験が必須といえます。

救急看護師に必要な資格とは

フライトナースの役割は、基本的に現場に着いてから医師とともに行動をします。

医師の指示を受けて、必要な物品を渡して治療の介助をします。

医師が他の患者さんを処置していている時は、看護師が周りに気を配り、他の患者さんの観察を行い報告や適切な処置をします。

ですから、医師と同じ目線で常に行動できるようにならなければなりません。

そのために救急の高度な知識や技術、そして責任感が必要です。

その他必要な以下の資格があります。

・ACLSプロパイダー(チームで行う蘇生技術を身に着ける)
・JPTECプロパイダー(現場での処置と運搬を迅速に行う技術と知識を身に着ける)
・第三級陸上特殊無線技士の資格(無線機を使用するため)
・日本航空医療学会が主催するドクターヘリ講習会

これらの資格は、講習会を受けた上で、実技や筆記試験を行います。

さらに「リーダーシップがとれる」「協調性がある」「判断が的確で素早い」など人間性の条件もあります。

思った以上に、フライトナースとは大変な資格ですよね…。

「カッコいいから、憧れるから」という気持ちだけで簡単になれるものではないということです。

フライトナースの求人ってどこにあるの?

フライトナースは、求人が限られています。

それは何故かというと、ドクターヘリのある救急病院が全国に少ないからです。

そのため、ハローワークや求人誌には出ていません。

フライトナースの求人を探すなら、看護師転職サイト会社のコンサルタントを利用しましょう!

求人情報の量を考えたら、看護師転職サイトが有利ですし、コンサルタントがあたってくれますので、相談してみる価値があると思います。

まとめ

フライトナースは、とても大変な仕事ですが、人の命を救うという、重要で使命感がある仕事です。

ぜひ興味がある看護師さんはコンサルタントに相談してみてくださいね!


2018年10月23日