入職時の心構え

転職を考えている方も多いですが、いざ入職となると緊張するものです。

新しい職場に早く慣れるためにも、入職に際して正しい心構えを持っておくことが大切です。

転職者は「新人」です

まず、転職をして入職する際、自分は新人なのだということを頭に入れておかなければなりません。

以前の職場でどの程度の役職であったのか、どの程度の仕事ができたのかということは、新しい職場の人たちには全く関係のない話になります。

自分は以前はこの仕事をしていた、だから、ここでも同じ仕事をさせろというのは、非常に乱暴な話です。

新しい職場の人たちにとって、転職者は全く知らない新人同様の存在でしかありません。

その程度の仕事ができるのかは、徐々に職場の人たちに示していけばいいものですから、突然、自分の意思で仕事を要求するなど高慢な態度を取れば、職場の人間関係を悪いものにしかねません。

職場の人間関係をスムーズに

転職に関して、よく聞く悩みの一つが職場の人間関係になります。

入職をしても新しい職場になじめずにいるという方が多くいますが、入職時にきちんと挨拶をすること、そして、職場の人間関係を円滑にするための努力を忘れてはいけません。

挨拶をし、雑談をし、職場になじもうとする努力を怠れば、職場の人間関係を円滑にすることはできません。

また、転職者へのいじめの問題なども時折報告されますが、その場合も自分一人で抱え込まずに上司への相談などをしっかりとしておく必要があります。

「新人」だから何をしても大丈夫と勘違いしている人も多いですが、こちらが毅然とした態度で臨めば、相手は強く出ることはありません。

長いものに巻かれろを地で行くのが新人いじめの典型ですから、こちらに非がないなら毅然とした態度で上司への報告などをしっかりとしておくことが大切です。

入職時の心構えとしては、人間関係を円滑にするための努力に終始します。

もちろん、仕事に慣れるための努力も必要ですが、仕事を効率的にするためにも職場の人たちとの連携は不可欠になります。

そのためにも、職場の人間関係がどのようなものであるかをよく把握し、円滑な人間関係を築いていく必要があります。


2015年7月14日 入職時の心構え はコメントを受け付けていません。 成功のカギ