入職への準備

転職は新しい職場が決まっただけでは終わりません。

前職をきちんと退職し、新しい職場へ入職して、初めて転職が完了することになります。

転職活動に必死になり、新しい職場が決まったところで気が抜けてしまって何かとうっかりとしたミスをしてしまう事もありますが、事前にきちんと入職の準備をしておくことも大切です。

入職にあたっての準備

入職に際しての準備には様々なものが必要になります。

まず必要になるのが前職での各種書類の手続きになります。

保険証や源泉徴収、年金手帳などを新しい職場へ提出する書類がありますので、きちんと確認して準備しておく必要があります。

また、給与の振込先口座や健康保険証の手続きに必要な書類などもあります。

場合によっては職場へ住民票の提出が必要になるケースもありますので、事前に確認をした上で準備をしておくことが大切です。

入職にあたって、事前に準備しておくことの一つが、就業規則の確認になります。

医療機関といっても、それぞれで様々な就業規則が存在します。

以前の職場では認められていたものも新しい職場では認められないと言う事もありますので、トラブル回避のためにしっかりと就業規則を確認しておくことは必要です。

雇用条件の確認

また、面接時などに雇用に際しての条件等を提示されますが、その条件等を書面にした雇用契約書などをきちんと確認しておくことも忘れてはいけません。

看護師の転職に関してのトラブルで最も多いのが、雇用契約が守られていないという事案です。

口約束での雇用契約では抗議をすることすらできません。

そのため、きちんと書面にした上で雇用条件を確認するということが必要ですので、忘れないようにしなければいけません。

他、通勤経路の確認や健康診断の受診など様々な準備がありますが、最低限抑えておかなければならない入職の準備はこれらになります。

特に雇用に関する条件の書面化は、後々のトラブル回避のためにも必須になることですので、きちんと書面を要求し、条件等を確認しておく必要があります。


2015年7月14日 入職への準備 はコメントを受け付けていません。 成功のカギ