転職先を選ぶ際のポイント

ナースとして働いていても、何かしらに不満を持つことは多くあります。

また、今の職場や担当している診療科では自分の望むナースとしての仕事はできないと考え、自分のキャリアアップのための転職を考えている方も多いでしょう。

普通、仕事をやめてからの転職活動は現実的ではないので、あらかじめ転職先を決めてから退職の申し出をするのが一般的な流れになります。

転職先を決めるポイント

では、転職をするにあたって、転職先を決めるポイントになるのは何でしょうか。

転職先となる新しい職場を決めるための基準は、現在の職場にあります。

現在の職場に居続ける場合と比べてどうかという視点で、徹底的に検証してみましょう。

収入面での比較

第一に収入面での問題。

ある程度の期間勤務をしていた場合、勤続年数によって給与等もありますが、転職をする場合、それらはすべてリセットされることになります。

そのため、どのような場合においても、大抵の場合には収入の減少がある事を覚悟しなければいけません。

もちろん、看護師としての特別なスキルなどが認められて良い待遇で迎えられる場合は別です。

ですから、転職をするにあたって、どの程度の減少で抑える事ができるのかということを考えるのは必然となります。

また、給与面だけではなく、他の待遇面がどの程度であるのかを知ることも必要でしょう。

交通費や住宅費、子どもがいる場合には扶養手当など。

他、福利厚生がどの程度充実しているのかと言う事も転職先を選ぶポイントになります。

仕事内容の比較

どういった仕事をしたいのか、看護師として自分がどこを目指しているのかというのも、もちろん重要なポイントです。

募集要項にある程度記載されていますが、面接等で直接質問をするなど積極的に自分のやりたいことをアピールすることも必要です。

資格などを有している場合、その資格を活かして働くことができる職場を探すというのもよいでしょう。

大なり小なり、だれでも職場に不満を抱えているものです。

不満を抱えたまま働くよりも、さらに上を目指して転職活動をするというのは、非常に前向きで健全な行動だと言えます。

そのための努力は大変ですが、その後に得るものは大きなものであるはずです。


2015年7月14日 転職先を選ぶ際のポイント はコメントを受け付けていません。 成功のカギ