ナースの資格を生かせる異業種を目指す

ナースの職場というと、大小の医療機関というのが普通です。病院やクリニックで長く働いている方も多いですが、長らく働いていると不満も溜まるものです。

中には、ナースの資格を生かして異業種で活躍してみたい人もいるでしょう。

しかし、異業種に転職して需要があるのかと疑問に考える方もいるかもしれませんが、実は看護師の需要は想像以上に高いものになっているのが現状です。

かつては看護師の就職先は病院、医療機関と限定されており、選択肢は限られていましたが、現在では、それだけでなく様々な分野で必要とされる職業となっています。

ですから、自分の考え方にあわせて職場を選ぶことができます。

介護関連施設の仕事

具体的には、病院以外で最も需要が高いのが介護職になります。

介護関連施設では、看護師の配置が義務付けられたことで、看護師の募集を行っている施設が増えています。

病院より就労条件が良いところもあるので、介護施設に転職するケースも増えています。

また、資格を取得してケアマネージャーの道に進む看護師もいます。取得が簡単な資格ではありませんが、看護師の資格を持っていれば有利なことは間違いありません。

企業内の看護師という道

また、企業看護師という選択肢もあります。

ストレスに起因した自殺などが多発し、それが過酷な業務から来る疾患と判断される事例が増えている昨今ですが、企業はこうした事案を鑑み、社員のメンタルケアにも力を入れています。

そこで必要になってくるのが、医療、それも精神科の知識や技術に特化したナースの存在になります。企業内に設置された医務室に常駐し、社員の心身の健康状態を管理する仕事です。

怪我や病気からメンタルケアにまで幅広く対処することが出来る看護師が求められています。

その他の仕事

他にも、治験コーディネーターやフィールドナース、コールセンターでの健康相談業務など、看護師の異業種での職場は非常に増えています。

いかに自分の看護師としての資格、技術、経験を活かして働くことが出来るかということに注目し、転職活動をすれば職場はいくらでもあると言っても過言ではないでしょう。

今では看護師専門の転職支援サービスなども豊富です。

ネットで求人を公開しているところも多くありますが、そうしたサイトで看護師の求人を探してみると、異業種で看護師が求められているという現実がわかります。

ですから、医療機関以外で働きたいという方は、転職支援サービスに登録して、情報を集めてみることをお勧めします。


2015年6月11日