20代の仕事の仕方

看護大学や看護学校を卒業して、これから看護師として働く方も多い年代が20代です。20代のナースはどんな心構えを持つのがよいでしょうか。

20代のナースに求められること

基本的に、新人を受け入れる病院側は、実務経験のない新人の看護師に大きな期待はしていません。

将来的な期待はあっても、即戦力としての期待はしていないのですから、期待をもてるだけの人材に成長すると言うことが、20代の看護師に課せられた使命と言ってもいいでしょう。

20代の新人看護師の仕事の仕方と言うと、大雑把には、仕事を覚えることがすべてになります。

就業したての新人時代には、仕事についてのさまざまなことを覚え、2年目以降は、さらに効率的な仕事の仕方を覚えるようになります。

また、2年目以降にもなれば、さらに新しい業務や配置転換などの可能性もあるため、仕事を覚える必要がなくなるということはありません。

自分を高める土台を作りましょう

ある程度の経験を積み、どこの診療科へ配属になっても、問題なく一通りの業務を行う事ができるだけの経験値を積む。それが20代の看護師に求められるものです。

自分の仕事のあり方に対して悩んでいる方も多いですが、20代の看護師に大きな期待はされません。

新人として経験を積むことが重要であって、何もかもをすべて一人前にこなすことができるとは考えられていませんから、その分、自分にできることを伸ばす、広げるための基礎づくりをする期間だと考えるといいでしょう。

日々の仕事に追われて、何もかもが手一杯になりがちな時期でもありますが、その分、スキルアップなどを考えて行動する事で、後々の自分の仕事の仕方も大きく変わってくることになります。

職場である病院側は、20代の看護師には将来的な期待を寄せているところが大きいわけですから、スキルアップや資格取得のための支援を行っているところもあります。

まさに下積みという感じの時期ではありますが、この時期に自分を高めることが出来れば、後々の自分の価値を大きく引き上げることにもつながるでしょう。

自分の仕事の仕方に悩む方も多いですが、それぞれの年齢やポジションに見合った仕事の仕方というものがあります。

20代は仕事を覚え、自分を高めることを考えて仕事をする。これを心掛けましょう。


2015年7月14日