40代以降の仕事の仕方

40代の看護師ともなれば、既にベテランの域に達していることが多くなりますが、それにはそれだけの仕事の仕方が求められるようになります。

新人時代には色々と覚えることも多かったものですが、40代ともなれば、多くの経験と知識を持つベテランになっているため、様々な応用力もついています。

その分、自分の仕事に対して余裕も出ている年代ですから、部下や後輩のフォローなどをしっかりとすることが求められます。

直接業務から間接業務へ

自分の仕事に一杯一杯になっているのは20代の頃で、30代には周囲を見回すだけの余裕を持つような仕事の仕方が望まれます。

そして、40代ともなれば、早い方なら師長に就任している方もいるころです。

そうでなくても、部下や後輩の仕事に対してしっかりとフォローをする必要が出てくるため、直接的な業務から、間接的な業務が多くなってくる傾向にあります。

能力的にも高いものが要求される年代でもありますので、業務事態は新人の頃に比べれば比較にならないほどの忙しさであることは間違いありません。

しかし、それまでの経験などで新人時代ほどには忙しさを感じることはなくなっているはずです。

付加的な資格を取得する

また、40代に入った看護師は、職場でも多くの仕事を要求されることがあります。

必要な仕事が増えていることになるわけですから、既存の看護師資格だけでは不十分になることも多くあります。

また、ベテランを必要とする診療科への配置転換などもあるため、資格取得は必須とも言えるものになります。

資格を増やすことで、自分の出世などの将来性も高くなるため、資格取得を目指す看護師も多くいます。

何もせずに日々の仕事を淡々とこなす毎日でも問題があるわけではありません。

しかし、年代によって求められる仕事は異なり、淡々と仕事をしているだけでは職場の要求に応えているとは言えないものです。

いかに自分の能力をフルに発揮し、仕事に活かすことが出来るのか。

ベテランとしての経験をいかに活用するかが求められるのが40代の仕事の仕方と言えるでしょう。

転職について考える

最近はどこの病院も看護師不足に悩んでいて、採用意欲は非常に高いものがあります。

ナースの転職市場では、若くて体力のある20代のナースを求めるニーズも多いですが、40代以降の経験豊かなベテランナースを採用したいというニーズも非常に高いです。

看護師という仕事は、定型業務だけで済むものではなく、さまざまな状況への臨機応変の対応が求められる仕事ですから、経験は何物にも代えられない財産です。

ぜひ、自分の経験をより生かしたい、また、自分をより高く評価してくれる職場を探したい、という場合は、転職の可能性も検討してみてください。

ナース専門の転職支援サービスに登録すれば、あなたの希望に合ったよい求人を紹介してくれますので、大変便利です。


2015年7月14日