コンサルタントって何者??役割を知ると頼って損はないかも!

看護師転職サイト会社に登録すると、看護師1人につき専属のコンサルタントがつくのはご存知でしょうか?

コンサルタントとは求人探しのプロです。

会社によって様々な呼び方があり、コンサルタント、アドバイザー、キャリアパートナー、コーディネーター、エージェント、コンシェルジュといった呼び方をします。

では、一体どのような役割があるのでしょうか。

希望条件をヒアリングをする

転職サイトに登録後、専属のコンサルタントがヒアリングを行います。

これは、求職者の看護師にマッチングした転職先を紹介する為です。

例えば、これまで施設しか経験がないのに、急に大規模な病院や急性期病棟を紹介されても戸惑いますし、子育てやプライベートを優先したいのに、忙しく残業が毎日あるような職場だと、転職しても長く続けられません。

そんなミスマッチを防ぐためにも、これまでの職務経歴や転職先の希望条件をヒアリングします。

ヒヤリング内容を元に、その看護師の適正に合った求人を紹介します。

転職までをサポートする

気に入った求人情報があったら、コンサルタントに希望すると、求人先の見学が出来ます。

面接の前に、転職先の建物内部や働いているスタッフの様子を見れる機会になるので、自分に合った職場なのかをじっくり考慮できます。

働く前に、スタッフとコミュ二ケーションを取ることが出来たら不安も少なくできますよね。

ハローワークや求人雑誌、知人の紹介だと自分で直接交渉しなければならないので、便利なサポートではないでしょうか。

これは、看護師転職サイト会社のコンサルタントが求人先の病院と取り引きがあるので、実現できる事なのです。

面接対策もコンサルタントのこれまでの経験や、様々な看護師のケースをみているので、面接で必ず聞かれる事などを教えてくれて対策をサポートしてくれます。

転職におけるあらゆるサポートが仕事

新しい転職先に内定をもらってからも、コンサルタントのサポートは続きます。

内定後の書類のやりとりや、今働いている勤務先の退職の手続きを教えてくれます。

新しい職場で働き始めてからも、困っている事はないか電話やメールで連絡をしてくれるのです。

さすが転職のスペシャリストですね!


2018年6月12日