ここをチェック!腕の良いコンサルタントを見抜く3つのポイント

求職者の看護師が、満足のいく転職が出来るかどうかは、担当コンサルタントの腕にかかっているといっても過言ではありません。

せっかく新しい転職先が見つかっても、いざ働いてみたら納得のいかない職場では、全く意味がありませんよね。

担当してもらうなら、優秀なコンサルタントにお願いしたいはずです。

そこで、腕の良いコンサルタントを見抜く3つのポイントをご紹介します。

1.紹介してくれる求人の質と量をみる

コンサルタントは求職者がどんな希望条件かをヒアリングします。

その内容からマッチした求人を紹介してくれるのですが、優秀なコンサルタントは、希望条件に合う求人に加え、希望条件に似たような求人も紹介してくれるのです。

なぜなら、希望条件だけに絞ってしまうと、紹介できる求人が少ない場合があるからです。

そうなると、求人を比較できませんので、コンサルタントの判断で似ているような求人も提案するのです。

少し違っていたとしても、交渉次第では条件が変わり、よりマッチングする場合もあります。

2.求人先の情報量が多い

看護師が求人先のことで一番知りたいのは、転職先の内部情報ではないでしょうか。

看護師で働いている方なら感じているかもしれませんが、退職理由で一番多い理由は、人間関係の悪さだそうです。

しかし、転職先でのスタッフの雰囲気が良いかどうかは、実際働いてみないと分からない部分ですよね。

残念ながら、働き始めてみると人間関係が前の職場より悪い、という事が発覚することは多いです。

そこで活躍してくれるのがコンサルタントですが、優秀なコンサルタントは求人先の雰囲気などもしっかり把握されています。

なぜなら、コンサルタントが求人先を訪問して医師や看護師、紹介先で働き始めた看護師と積極的にコミュニケーションをとり、常に情報収集をしているからです。

そのような情報の量にも注目なさってみてください。

3.看護師の立場に立ってくれる

転職には様々な事情がつきものです。

とりわけ、今の職場をなぜ辞めたいのか、新しい転職先でやりたい仕事はなにか、その先どんな自分になりたいのか、をコンサルタントが理解してくれることが重要です。

例えば、辞める理由が ”子育てを優先したいから” とすると、「次に転職する職場は残業が少なく定時で終われるような職場だと、働きやすいだろうな」といったように、その人の立場に立って考えながらマッチした案件を見つけてくれるのが優秀なコンサルタントと言えます。


2018年6月19日