待遇に不満がある

ナースとして働いている方の多くは、何かしらの不満を感じているものです。

何に不満を感じているのかはそれぞれ異なりますが、割合的には、看護師としての待遇(給与)面に不満を感じている方が多いと言えるでしょう。

看護師の待遇(給与の低さ)を巡っては、昔から議論がされている問題の一つになります。

ナース不足が問題化する現代社会では、決して無視できる問題とは言えません。

減少の一途を辿る看護師の数が問題の大きさを物語っていると言えるでしょう。

女性社会であることが間違いない看護業界ですから、離職の原因はもちろん待遇面の不満だけではありません。

でも、それが離職率の高さの原因になっているというのも、また事実ではあるのではないでしょうか。

待遇に不満がある場合の対応

ナースとしての待遇に不満を感じている場合、自分はどのようにするべきか、悩む方も多くいるでしょう。

簡単に言ってしまえば、(身も蓋もない言い方ですが…)転職以外には方法はありません。

病院側としても、人件費をできるだけ抑えたいと考えるのが当然ですし、何か特別な理由がない限り、決まった給与制度の枠内で、看護師1人の待遇だけを見直すのは難しいと思います。

では、看護師全体の待遇を改善するのか、ということになりますが、そこまで財務的に余裕のある病院は少ないですし、これも現実的には難しいでしょう。

それであれば、不満を漏らす看護師を(言葉は悪いですが)切り捨て、新しく補充をした方が病院経営としては上手く回せると考えるものです。

ですから、今の待遇に不満があるとして、職場自体を変える以外に問題を解決する手段はないというのが、シビアな現実です。

転職して待遇がよくなる可能性

では、本当に転職して待遇がよくなるのか?気になりますよね。

現在、看護師の数は圧倒的に不足しています。

今、特に、病院だけではなく、介護施設などでもナースの需要が高まっていますので、病院側としても必要な人員の確保に躍起になっています。

需要が高まれば、相応の待遇で迎えられるケースも増えてきますから、転職を検討すれば、そのような求人に出会える可能性が出てきます。

でも、単純に転職をするというだけではなく、できるだけ自分の価値を高めておくというのも必要です。

そのために、普段から個人的に勉強して、資格を取得しておくというような努力をすれば、好待遇の求人にも出会いやすくなるでしょう。

何の資格もなく、ただ単に転職をしただけで待遇が大きく変わるというのは虫がよすぎる話です。

結論は?

結論としては、今の待遇に不満があるなら、ひとまず転職を考えてみてはいかがでしょうか。

まずは求人情報を集めて(転職支援サービスに登録するのがよいでしょう)、今の自分の経験や能力で応募できそうな好条件の求人があるか、確認してみることをお勧めします。

そのうえで、まだ経験や技術が不足していると思うのであれば、頑張って経験を積み、資格を取得するのが先決でしょう。


2015年6月11日 待遇に不満がある はコメントを受け付けていません。 転職理由