年収1000万を目指したい

不況と言われる今、年収1000万を超える収入を得ている方は多くはありません。

特に、長引くデフレ経済で、平均年収もどんどん下がっていますので、1000万の収入を実現するのは容易なことではありません。

でも、たとえば、医師や弁護士や司法書士、税理士などの資格を有している場合、年収1000万を実現できると言われています。

では、看護師の資格で年収1000万を実現できるのでしょうか?

結論から申しますと、答えはYESです。ただし、狭き門なのは間違いないでしょう。

年収1000万のナースになる方法

看護師で年収1000万を達成しようと思ったら、職場は大きな大学病院のようなところを選び、かつ、そこの看護師長になることが条件となるでしょう。

そして、役職に対する手当てや夜勤手当、休日出勤の手当て、そういったものを加算してようやく年収1000万を確保するというイメージです。

ただ、実際問題として大きな大学病院の看護師長になれる確率はそうそう高いものではありません。

かなりの能力と努力、そして運を兼ね備えた人だけがなれると考えて間違いないでしょう。

では、年収1000万は無理なのでしょうか?

1000万を確保することは難しいかもしれませんが、それを目指す、あるいは限りなく1000万に近い収入を得ることは可能です。

非公開の好条件求人を狙う

今、よくいろんなところで広告が見られる看護師専門の転職支援サービスをご存じでしょうか?

そこに登録して職場を探すことで、ナースの資格を生かして年収1000万に近い仕事に就ける可能性があります。

看護師専門の転職支援サービスには、非公開の好条件案件というものがあります。

これは登録したナースの希望する就労条件やスキル、勤続年数などと条件があった際に紹介されます。

非公開求人には、年収1000万を狙えるような好条件の求人もあります。ただ、具体的には、特別の専門知識や資格が必要だとか、遠隔地の勤務が求められるとか、特別の条件があります。

でも、逆に、自分がそうした条件に当てはまりそうというのであれば、普通の求人ではなく、好条件の非公開求人を狙ってみてください。

コーディネーターによるサポート

転職支援サービスに登録すると、専門のコーディネーターが担当に付いてくれ、職場を探す際にいろんな相談に乗ってくれます。

その際、自分の「武器」になりそうな能力や条件に加えて、年収1000万を目指したいと伝えれば、それに近い収入を得られる職場を紹介してくれる可能性があります。

ですので、まずは転職支援サービスに登録してみることをオススメします。

ナースの資格を持っていれば、完全に無料で活用できますので安心して登録してください。

この方法なら、大学病院の看護師長にならなくても、1000万に近い年収を得る道が開けてきます。


2015年6月11日 年収1000万を目指したい はコメントを受け付けていません。 転職理由