実務経験なしからのスタート

どんなことであれ、だれしも初めは「初心者」と呼ばれます。

どのような職業、どのような事柄においても、初めて何かをすると言うことは、初心者と言うことになります。

看護師の場合、看護大学や看護学校を卒業したということは、ある意味、必要な実務経験を有していると言えなくもないですが、就職して初めての職場では、当然のことながら初心者、新人として扱われることになります。

そして実務経験のない状態、これもある意味、初心者なのです。

看護師資格があっても実務経験がない場合

看護師の資格を取得したものの、何らかの事情でそのままナースにはならず、他の仕事に就いたという方も多いですよね。

そんな方が改めて看護師を目指す場合には経歴上、実務経験なしという位置づけになります。

実務経験なしとは言いますが、学校を卒業したままですから、新人と何も変わらない状態です。

ともすれば、他の仕事をしていた期間に医療技術はどんどん進歩しているので、新卒より今の看護という分野について知らないことが多くなっている可能性もあります。

仮に、学校を卒業したあとナースの仕事をしたことがあったとしても、病院ではなく、例えば介護施設や保育園などで勤務した場合、通常のナースとしての実務経験を積むことはできません。

やはり、病院に就職することがなければ、基本的な看護技術や、医療に関しての知識などが身につかないのです。

就職や転職の時点での実務経験の有無と言うのは、ナースという職業においては相当に重要な意味を持ちます。

実務経験なしの状態での転職

実務経験を持たない看護師の場合は、すぐに病院で即戦力として通用しません。

ですから、病院で看護師として働きたいと考える場合には、職探しのときに教育制度がしっかりしている病院などを選ぶ必要があります。

現在の医療機関は慢性的な看護師不足に悩まされていますので、新しい人材の発掘に奔走しています。

そのため、実務経験がないという部分は、勤務中の教育をしっかりすることでカバーするという病院も多いのが実情です。

転職支援サービスに登録すれば、そのような求人を紹介してくれますので、助けになると思います。

しかし、そこに甘えるのではなく、看護師としてのバックボーンがないということは自覚し、教育制度を活用して、看護師として成長していく気持ちを常に持っているようにしましょう。


2015年6月11日 実務経験なしからのスタート はコメントを受け付けていません。 転職理由