「潜在看護師」の復職

看護師として働き、結婚や出産、その他の何かしらの事情で退職をした看護師を潜在看護師といいます。

看護師資格を持っていながらもナースとしての職業に就いていない方は、相当数にのぼると言われています。

ですから、医療機関の側からすれば、いかに潜在看護師を獲得することができるかが、現代のナース不足を解消するためのカギとも言えるわけです。

潜在看護師のニーズ

現在、医療機関を始め、様々な施設で看護師の需要が高まっています。

介護施設などでも看護師の配置が義務付けられているため、医療機関の看護師不足に拍車をかけている状態です。

この状態で新卒の看護師を取得するだけでは、人員不足を解消することは難しいため、看護師経験者を雇用することを重点課題としている医療機関は多くあります。

潜在看護師の側からのとらえ方

ナースの世界は、男性が増えているとはいえ、まだまだ女性が中心の社会であることは間違いありません。

女性の多くは、結婚や出産を機に退職する方が多く、結婚後に専業主婦や(看護師の仕事ではない)パート勤務をする傾向にあります。

なぜ、多くの潜在看護師はナースの仕事に戻らないのでしょうか?

潜在看護師が復職を躊躇する理由の1つが、長期的なブランクになります。

一定期間、職場を離れていることによって、新しい環境や仕事のあり方などについていくことができるかなどの不安を抱えていることが多く、看護師への復職を躊躇する方が多くいます。

復職を考えるなら

潜在看護師で復職を考えているのであれば、まずは派遣看護師やパート看護師という選択をすることもできます。

最近では、日勤のみのパート勤務をする事ができる職場や、看護師の派遣案件も充実してきているため、自分の都合で働くことができる環境になっています。

特に派遣看護師の場合、ある程度仕事の内容を選ぶことができ、短期の仕事も長期の仕事もありますので、看護師としてのリハビリにはうってつけの働き方と言えるでしょう。

現状の医療に触れ、慣れてきた後に再就職をどうするかはその時に考えればいいのです。

あるいは、生活の安定を図るため最初から正職での雇用を希望する場合、転職支援サービスは助けになってくれます。

よい求人を紹介してくれるだけでなく、安心して就職するためのサポートを受けることができますので、一度登録してみるとよいでしょう。

今の時代には、今の就職スタイルがあり、ブランクも気にならない働き方があります。


2015年6月11日 「潜在看護師」の復職 はコメントを受け付けていません。 転職理由